各地の紅葉も今が見ごろのようですね。
気づけば私の住んでいる地域でも、木々が黄色や赤に色づいています


先日、地下鉄の駅で電車を待っているときに、ふとホームの向こう側にある
広告に目がいきました。

そこには、紅葉が美しく色づく条件が書かれていました。

 紅葉が美しく色づくには、三つの条件があるという。
 昼間の日差し、夜の冷気、そして水分である。

(ふんふん、なるほど。 寒暖差があるほど綺麗に色づくって聞いたことがあったっけ。
 今年はきれいに赤くなってるよね。)

そして、読み進めました。

 悩みと苦しみ(冷気)に打ちひしがれ、
 数限りない涙(水分)を流し、
 周囲からの温かみ(日差し)に触れて、
 人の心も赤く、黄いろく色づく。
 紅葉の原理は、どこかしら
 人生というものを思わせぬでもない。
                          「編集手帳 (読売新聞)」



読み終わって、「ああ、本当にそうだ」と素直に感動していました。
思わず涙がこぼれそうでした。 

悩みも苦しみもなく過ごせる毎日はとても有り難いけれど、
それがあることで初めて気づける温かさもある。

辛かったり苦しかったりすることが、人の心を赤や黄色に色づけ、
私たちをより成長させてくれる。
そして、その人のカラーを作っていくのかもしれない。

そう考えると、辛かったり苦しかったりすることも意味があると思えるし、
乗り越えようという勇気をもらえそうな気もしそう。
そんなことを改めて考えた時間でした。


悩みや問題で困っている時、私たちは1人で抱え込みがちなことも多いです。
誰に相談すればいいのか、どうやって助けを求めればいいのか、
わからなかったりする時もあります。
あるいは、人に頼ってはいけない、甘えちゃいけない、自分で解決しなくっちゃ!
などと思う人もいるでしょう。

でも、周囲の温かみに触れて私たちも色づくのだとすれば、
その悩みや問題は、温かみを学ばせるために私たちの元へやってきたのかもしれません。

1人で抱え込まず、誰かに頼ってみる。
パートナー、家族、親友など、あなたの周りにいる人をアテにしてみることも
きっと大切なんですね。

もし、誰に頼っていいのかわからない時は、
私たちカウンセラーをアテにしてみてくださいね。

--------------------------------------------------------------------------------------
<カウンセリング予約センター>
電話番号 : 06-6190-5131 または 06-6190-5613
受付時間 : 12:00~20:30

--------------------------------------------------------------------------------------


さて、お知らせです。

カウンセリングサービスの東京感謝祭(11/23)に参加いたします。
今年はたくさんのお客様が早くから感謝祭へお申し込みいただいたおかげで、
すでに満席となっているようです。 本当にありがとうございます。

私は、今年デビューの新人として、同期デビューのメンバーと
「新人さん いらっしゃい!」(12:40 - 13:00)にも参加します。
お昼時ではありますが、よかったらご覧になってくださいね。

またワンポイント相談会もございますので、ご利用いただければ嬉しいです。

感謝祭に来場される皆さまと、お会いできるのを楽しみにしています。


今日も読んでいただき、ありがとうございました。