心理カウンセラー◆松尾 たか

カウンセリングサービス所属カウンセラー。
東京地区担当 まつお たか

お客様の心に寄り添い、安心感を与えられるカウンセラー。
母性的な柔らかさと優しさで、お客様を包み込み、安心感を与えるカウンセリングから、「とことん話を聞いてくれる」と言う声を多数頂いている。
どんなに前へ進めないような時でも、『その人の一番の味方でいること、その方の持っている力を信頼すること』を大切にしている。
時には愛情のこもった厳しさを表現することもあるが、その厳しさにも好評を得ている。

離婚問題をきっかけに、自分自身の感情と向き合い、自己嫌悪があることに気づく。
心理学を学ぶことでその問題を解決していき、現在に至る。

また東南アジア2カ国で6年半の生活経験があり、異文化や生活習慣のギャップ、
日本人社会との関わりなどについても扱うことが出来る。
2012年産業カウンセラー,キャリアコンサルタント資格取得

>>>カウンセラーの一覧へ
>>>カウンセリングサービスのHPへ
>>>カウンセリングサービスって?

自分嫌い

<自分嫌いの私さんへ> その言葉に対して、あなたはどんなイメージを持っていますか

ご訪問ありがとうございます。
カウンセリングサービスの松尾たかです。

私たちが使っている言葉って、同じ言葉(単語)であっても、
人それぞれに実はいろんなイメージを持っています。

たとえば、「私はピンク色が好き」と言って、
お友達が「私も」と言ったとしても、
全く同じ色をイメージしているとは限らないわけです。
だって、ピンクと言っても濃い・薄いなどいろいろありますからね。

犬という言葉であっても、その言葉を聞いて思い浮かべるのは
人によっては、柴犬かもしれないし、マルチーズかもしれません。
(犬ということでは、どの犬種を思い浮かべても間違いではないのですが・・)

このように人それぞれに言葉の持つイメージが異なるわけです。

とは言っても、上記のようなことであれば、お互いに違いがあったとしても
話していくうちにその違いに気づいて、「あれ、思い描いてたことが違ったね~」
なんて笑い話ですむことかもしれません。

だけど、自分がいつの間にか思い込んでしまった言葉、
特に自分に対して性質や性格を表すような言葉のイメージには
どのように思っている(考えている)のか自分では気づかないこともあります。

もし人から、「あなたってマイペースよね」と言われたとします。
あなたは、その言葉をどう感じるでしょうか?

褒められたと思うか、ダメ出しをされたと思うか、
それくらい受け取り方が人によって違っていることがあります。

「マイペース」という言葉は和製英語で、意味としては、
他人や環境に左右されず、自分にあった方法や進みを崩さないことだそうです。

あなたは「マイペースね」と誰かに言われたとき、

あなたは、自分のペースをしっかり持っている堂々とした人、
他人に左右されずに、どんな時も自分自身でいられる人、
というようにポジティブに感じるでしょうか?

あるいは、
人よりテンポが遅い、周りの空気を読まない、
自分のことだけを考えている人、
というようにネガティブに聞こえるでしょうか?

同じ言葉でもそれをどう聞くか、どう捉えているかで、
受ける印象は全然違ってきてしまいます。

それは、今まで育ってきた環境や経験の中で、
その言葉をどんな状況で言われ、どう受け取ったのかで
イメージが変わってしまうんですね。

いつも落ち着いて物事に取り組んでいたとしたら、
「(何事にも動じなくて)マイペースでいいわね」

人より何をするのも遅いのに焦りもしないとしたら、
「(さっさとしなさいよ)本当にあなたはマイペースなんだから」

と、どんな状況でその言葉を聞いてきたのかで
あなたが受け取る言葉のイメージが刷り込まれていきます。

そして、誰かは褒め言葉のつもりで言ったとしても、
自分にとってはその言葉がネガティブなものであったとしたら、
けなされた、ダメ出しされたと感じてしまうんですね。

誰かに「あなたは真面目よね」と言われても、
「真面目」=面白みがない、固い
というイメージをあなたが持っていたとしたら、

そして、面白みがない/固いというのは人との関係を築く上で、
あまり良くないと思っていたとしたら、
たぶん、褒められたとは思わないのではありませんか。

私自身、暗いか明るいかと言われると、
ずっと「暗い人間」だと思ってきたので、
その昔、根明、根暗なんて言葉が流行った時はすご~くイヤでした。

だって、根暗=私のことだと思ってましたからね。
(みんなわかるかな? 時代が古すぎたらゴメンね。

でも、心理学を学ぶようになって、
自分でその言葉に特別な意味づけをしていたことに気づいたんです。

暗い=(人として)良くないこと、
暗い(=話下手)と人に好かれない、と決めつけていたようです。
(母にはもっと明るくなりなさい、なんて言われたこともあったかな。)

もし、あなたが 何かの言葉に
敏感に反応(イラっとする、傷つくなど)することがあるとしたら、
その言葉に自分がどんなイメージを持っているのかな?
と思ってみてください。

自分がその言葉に張り付けた意味(レッテル)がわかると
「そう思わなくてもいいのかもしれない」
「そう決めつけてきたけど、必要ないかも」という発想ができるので、
気持ちがラクになることがありますよ。

あなたが思い込んでしまった言葉のイメージに気づき、それを変えてみる。
ぜひ、チャレンジしてみてくださいね。

aozora カット







                           

下記ワークショップに、ゲストカウンセラーとして参加します。
どうぞ会いにきてくださいね。^^

◆10/10(日)オンライン「癒やしの1DAYワークショップ」

テーマ:「ネガティブ感情のリニューアル ~自己嫌悪を癒し、自分を好きになる~

講師:大塚統子(心理カウンセラー/自己嫌悪セラピスト)

日時:2021年10月10日(日)10:00~18:00

会場:オンラインZoom

※事前決済完了後にミーティングIDをお知らせいたします。

料金:18,700円(税込)
※事前決済制。受付は10/9(土)15時まで。

お申し込みはこちら1 DAYワークショップお申込み

   ☆      ☆      ☆

続きを読む

〈自分嫌いの私さんへ〉あんな態度をとってしまった自分って・・・

カウンセリングサービスの松尾たかです。
ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

私たちは、毎日、自分に声かけをしているんですが、
あなたはどんな言葉を自分に投げかけていますか?

 ☆    ☆    ☆

ツライことがあって、家族や友人・同僚に話を聴いてもらったことって、
あるのではないでしょうか?

自分がミスをした時に上司から言われた言葉に傷ついたとか、
私の言葉で誰かを怒らせちゃった、とか
あるいは、誰かから暴言を吐かれて私が傷ついちゃった、とか・・・

そんな話をした時、あなたの友人や家族たちは、
あなたの気持ちを聴いてくれて、受け止めて、
そして、きっと励ましの言葉をくれたと思うんです。

だけど、伝えてくれたその言葉を頭では理解していても、
その励ましの言葉を素直にきけない時ってありますよね。

たとえば、あなたが上司の態度や雰囲気から、
「きっと私はガッカリされた。もう出来ないヤツと思われた。」
「上司があんな態度をとるのは、きっと私のことが嫌なのよ」
とか思うことがあって、その気持ちを友人に話したとしたら、

あなたの話を聴いたあなたを大切に思うその人は、
「そんなふうに思わなくていいんじゃないの。
 あの上司はいつもそんなんだから気にしなくていいわよよ」とか
「あなたに能力があるから、厳しいのよ」
と一生懸命に励ましの言葉をかけてくれると思うんです。

だけど、自分が自分に強くダメ出しをしていると、
あなたと別視点で、別の見方をしてくれている言葉には耳を貸さずに、
「そんなはずはないわ。だって、私にはいつもダメ出しばかりだもん」
「結局、私の気持ちなんてわかってくれない、わかんないでしょ!」
とその友人にまで反論してしまうことってあるんですよね。
(私はそのタイプでしたね~)

大切な友人がせっかく励ましてくれたり、
良さを伝えてくれているのに、
スルーどころか怒りながら反論までしてしまった自分・・・

 人の好意を無にするなんて最低。
 だから、あなたは疎まれるのよ。
 だから、あなたはダメなのよ。

で、また落ち込むし、自分に対してイライラ苛立つわけです。

「ああ、またやっちゃった。素直にきけなかった・・ ごめんね」
と心の中で思うばかりなんてことありませんでしたか?

もちろん、そんな態度や言葉になっちゃうには
それなりの理由があなたにはあるんだと思うんです。

ただね、「ごめんね」が言えないと、
(謝っていない罪悪感で)なんとなく気まずくなって、
顔を合わすのが苦しくなったりして、疎遠になっちゃった・・・
なんてことにもなりかねません。

そして、ますます自分を責めて、ますます自分を嫌いになる、
という悪循環にはまってしまうので、
自分を責めるのもほどほどにしてみてくださいね。

誰だって、素直になれない時もあるし、
自分の気持ちをうまく伝えられない時もあるんですから。

気づいた時に、方向転換をすればいい。
まずはそう思ってみてくださいね。

 
続きを読む

自分嫌いの私さんへ - 今の自分をどんな人だと思ってますか?

私たちは、毎日、自分に声かけをしています。
そう言うと、「自分に声なんかかけてないわよ。そんな変なことしてないわ」って
思う方もいらっしゃるかもしれませんね。
だけど、私たちは自分が何かするたびに、何か思うたびに、自分に声をかけていることが
あるんです。

カウンセリングサービスの松尾たかです。
毎週ブログ更新!と誓った今年、ようやく2本目を書いています。

あなたは、自分にどんな言葉を投げかけていますか?

「私って、頑張ってるよね。」 「よくやってるなあ、私。エライ」
「私って、けっこういい奴じゃん」、「失敗したけど、次にまた頑張ろ。きっと上手くいくよ」
「私はいつもツイテル。」 など、自分を認めたり、褒めたりする言葉でしょうか。

あるいは、「なんでそんなことも出来ないの」 「どうして私はいつもこうなんだろう。だからダメなんだ」
「どうせ失敗するんだから、やめときなさいよ」 「あんたなんか生きてても仕方がないわよ」
と自分を否定・批判したり、責めたりする言葉でしょうか。

あなたがかけている言葉で、今の自分をどう思っているかがわかります。
自分を認めたり、褒めたりする言葉が多いなら、今の私をそれなりに受け入れているということでしょう。
否定や責めの言葉が多いのなら、今の私はダメだと思いこんでいるのかもしれません。

何かにつけて、「もっとしっかりしなきゃ」と思うなら、
自分のことを頼りないと思っているのではありませんか。

「もっと人と仲良くならなきゃ。人の輪に入らなければ・・」と思うなら、
私は人とのコミュニケーションが下手だと感じているのかもしれません。

毎日、自分にどんな言葉をかけているか、その声を聴いてみてくださいね。
その声を聴くことで、今の自分像が見えてきます。

今の自分をどう思っているのか、まずそれを知ることが変わるための一歩です。
一緒に一歩を踏み出してみませんか。


今日も心地良い一日でありますように。


                    

<1月ワークショップに、ゲスト参加しま~す>

1/28(土)土肥幸司  (三田・機械工具会館
 18:30-20:30 『あなたも今日からリーダーになれる ~変わり続ける勇気を持とう~』


1/29(日)池尾昌紀 (三田・機械工具会館
 10:00-20:00 癒やしの1DAYワークショップ



<2月 福岡感謝祭へ参加します>
2/4(土) 10:00 - 18:00  (博多・深見ビル)


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜
カウンセリング予約センター
 06-6190-5131 または 06-6190-5613
 営業時間 12:00~20:30   (月曜定休日)

**新年は1月5日(木)12時~営業開始です
*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜




6/28(日)東京・心理学ワークショップにゲスト参加します

6/28(日)に大塚統子カウンセラーが行なうワークショップにゲスト参加します。

大塚統子カウンセラーのワークショップといえば、私嫌いさんにとっては
大好物のテーマが並んでいるのではないでしょうか。 (そう思うのは私だけでしょうか??)

今回もその期待に応えてくれるテーマのワークショップです。

6月28日(土)
昼の部:13:30-17:30
心のクリアリング
~「自分が嫌い」「自分が悪い」と思っているあなたへ~


夜の部:18:30-20:30
心のセンタリング
~「自信を取り戻したい」と思っているあなたへ~



私は大塚カウンセラーのワークショップには、何度もゲストとして参加させていただいているので
「また松尾がゲストでいるんだ」なんて思われた方がいるかもしれません。
そう思ってくださった方、ありがとうございます。 あなたも大塚マニアですね。(笑)

今日は私と彼女の関係をちょぴりご紹介しつつ、大塚統子カウンセラーの魅力をお伝えしたいと思います。

大塚カウンセラーは、私が心理学を学び始めてから一番最初に会った方のうちの1人で大先輩です。
問題を抱えてここへ来た頃の最初のグダグダな私をしっかり見られているわけです。 

彼女は、さり気なく、そしてしっかりと人のことを見つめ、気にかけて、必要な時にスッと側に来て
声をかけてくれる人。     (おかげでどれだけ救われたことか・・・・)
いったいいくつの目を持っているの!!というくらい、いろんなことを見ている人です。
そして、その人のことを思い、根気よく辛抱強く関わることの出来るカウンセラーです。

私もそんなカウンセラーになりたいなあと思いながら、大塚の後をついてきました。 
  (キャッ、告白しちゃった・・・

ワークショップで見る彼女は、とても楽しそうにイキイキと話をします。 
来てくださったお客様には、出来るだけたくさんのことを持って帰ってもらいたいという彼女の強い思いを
感じます。
誰もがわかるように、腑に落ちるように、言葉を選び、心をこめて話されます。
それは、いろんなことを想定して一人ひとりの方のためにワークショップを作っているからなんでしょうね。

今回はゲストカウンセラーとして、大野愛子カウンセラー土肥幸司カウンセラーと私の3人が参加します。
それぞれの方にとってのいろんな気づきや発見があるワークショップになるよう、
私たちもお手伝いしたいと思っています。

あなたにお会いできることを楽しみにしています。

  心理学ワークショップご案内  
講 師: 大塚統子
日 時: 2015年6月28日(日)
  昼の部:13:30-17:30 夜の部:18:30-20:30
テーマ:
 昼の部: 心のクリアリング
   ~「自分が嫌い」「自分が悪い」と思っているあなたへ~

 夜の部: 心のセンタリング
   ~「自信を取り戻したい」と思っているあなたへ~
 

会 場: 五反田・ゆうぽうと
交 通: 各線五反田駅徒歩5分、東急大崎広小路駅1分
料 金: 昼の部:5400円・夜の部:3240円
(*昼の部・夜の部を併せて受講の場合は、7560円です。)
ゲスト : 大野愛子土肥幸司松尾たかカウンセラー 
*参加条件:18歳以上の方。ただし、2歳未満のお子様に限り同伴可能です。 
*当日飛び込み参加もOKですが、できるだけお申し込み頂けると助かります。
*妊娠中の方は、→こちらのページをご確認ください。
心理学ワークショップのページに戻る 


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜
カウンセリング予約センター
 06-6190-5131 または 06-6190-5613
 営業時間 12:00~20:30   (月曜定休日)

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

自分嫌いの私さんへ - いつ頃から自分のことを嫌いですか

自分なんか大嫌い!と思うようになったのは、いつからなんでしょう。
どんなことがあって自分を嫌いになってしまったのしょうか。 

誰でも、本来は自分のことを好きだったはずです。
だって、赤ちゃんは自分のことを嫌いなんて、思っていないから、
「お腹すいたよ~」「オムツを替えて~」「かまって~」と堂々と泣いたり、
ぐずったりしますよね。
「こんなに迷惑かけてごめんね。」「何も出来ない私はダメな子です」なんて
思うこともなく、親に近くにいる人にリクエストしてきます。

そう考えると、私たちの心の中には「自分が嫌い!」なんてなかったと思いませんか。
だけど、いつの頃からか私たちは、こんな自分じゃダメなんじゃないか、と思ってしまったり、
誰かに迷惑かけちゃってごめんなさい、って感じたりすることがあったのかもしれません。、
そして、ちゃんとしなきゃ、これが出来てなきゃいけない、こうでなくっちゃいけない、という思いが
強すぎて、少しでも出来てない私がいると、「こんな私は嫌い!」という気持ちを持つようになって
しまったのでしょう。 

自分嫌いになってしまったその出来事を覚えていても、まったく記憶にないけれど、
気づいたら「自分なんて・・」と思うようになっても、今はどちらでもかまいません。

ただ、自分を嫌いだと感じたその時期から今までの長い間、
ずっと私は私を否定してたんだなあ、と認識してみてくださいね。
 
人によっては、10年、20年、と相当長い間かもしれません。 
それって、どれだけ自分は辛かったのでしょう、どれほど苦しかったことでしょう。

自分で自分を嫌ってきたけど、その自分のバッシングに耐えて、この私(自分自身)は
ずっと頑張って生きてきてくれたんだなあ、と愛おしく思ってあげてくださいね。


心の緊張がとれ、少しラクになるのを感じたら、そこからがワクワクする世界へのスタートです

いつも自分嫌いの私さんを応援しています。


  心理学ワークショップご案内  
講 師: 大塚統子
テーマ: 自分嫌いに革命を!~全肯定からのスタート~
日 時: 2015年4月26日(日) 18:30~20:30
会 場: 五反田・ゆうぽうと
交 通: 各線五反田駅徒歩5分、東急大崎広小路駅1分
料 金: 3,240円
ゲスト : 大野愛子カウンセラー ・ 松尾たか
心理学ワークショップのページに戻る 
*参加条件:18歳以上の方。ただし、2歳未満のお子様に限り同伴可能です。
*当日飛び込み参加もOKですが、できるだけお申し込み頂けると助かります。
*妊娠中の方は誓約書を書いていただく必要がございます。
 (詳しくは>>>こちらのページでご確認ください。)

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜
カウンセリング予約センター
 06-6190-5131 または 06-6190-5613
 営業時間 12:00~20:30   (月曜定休日)

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

月別アーカイブ
Blog内検索
プロフィール

松尾 たか

  • ライブドアブログ